サイトマップ プライバシーポリシー
JLAAのご案内
入会申し込み
支部だより
Collection
History
関連リンク
  東京支部    行事予定JFCCAFFC
AFFC(アラスカ・フライ・フィッシング・クラブ)
1988年のゴールデンウイークに、アラスカの山にも登った経験のある現会長の宇土康宣の案内で、会社の釣り仲間がネイティブの大物を釣り上げようと勇んでアラスカに出かけたのがそもそもの始まり。
ところが、アラスカはまだ雪の中。支流や湖でレインボーを釣って遊んだが、本格的な釣りは夏を待たなければならないことを実感。とりあえずAFFCを立ち上げることに。
その後、宇土は夏の3ヶ月間、アラスカでアウトドア&フィッシングガイドをスタート。口コミでの紹介に限るが、宇土のガイドで、モーターホーム(キャンピングカー)に寝泊りしながら、ラストフロンティアでのアウトドア生活を満喫できる。
J.L.A.A.会長の相川氏もその1人。アラスカには二度出かけ、80センチオーバーのレインボーを惜しくも捕り損ねたが、70センチのドリーバーデンを見事キャッチしている。
キング・レッド・シルバーサーモン、レインボー、ドリーバーデン、グレイリング等々のフィッシング、そしてトレッキング、グレイシャークルーズ、ナショナルパークツアーなど、楽しみ方は色々だ。
宇土の案内でアラスカを楽しんだ仲間は100名以上になるが、現在のAFFC会員は東京周辺在住でフライフィッシングで遊んだり、新宿2丁目のソックアイにたまに集まる10名弱だ。一度アラスカに行ったら最後、必ずアラスカホリックになってしまうが、中にはアラスカを未経験の会員もいる。
クラブは会則もなければ、会費もなく、自由というよりもいい加減なんだろうな、きっと。
宇土康宣会長
アラスカに通い始めて30年になる。アラスカガイドのライセンスを持ち、夏の間はアラスカで暮らす。
丸山英明
アラスカ釣行10数回に及ぶ。まあ、腕前はこんなもの。それでも飽き足らずに30年間勤めた会社を早期退職。
渡部和博
フライ、ルアー、エサ釣、何でもござれ。近頃、焼き物にハマッていて、自分で焼いた器で、イワナの骨酒を毎晩ひそかに楽しんでいるとか。
川田芳雄
20年前、バス釣りを始めて、一匹釣り上げるのに1年かかった。ウォークマンを聞きながら釣るのが好きだとか。今もスタンスは変わらない。
川崎哲
釣りは腕前よりも能書きが得意。昔は確かに良く釣れた。
昌子力也
昔覚えたバス釣りも膚にあっていないらしく、チビしかつれなかった。今は山登り一筋。後の富士山が暗示していたのかも。
田口裕行
随分昔の写真。高校から始めたフライの腕は確か。川の魚が激減したことを嘆いて、海の大物釣りに転向。
池井戸潤
「果つる底なき」で第44回江戸川乱歩賞を受賞。136回直木賞では「空飛ぶタイヤ」で最終選考に残るも、該当作無し。次回に期待しよう。
山崎雅嗣
アラスカでフライに目覚める。孤独が好きで、自然を前に溜息ばかり。ハァッー。
パイロットのライセンスを持っている。
斎藤直美
体型の割りには身のこなし素早い。釣り場に行く前から帰ることばかり考えている。
HOME